☆地中海沿岸 <カイザリヤ、アッコー、ハイファ>

カイザリヤ

<カイザリヤ>

13世紀の十字軍時代の要塞の跡。カイザリヤは地中海への玄関口として軍事的に重要な地であった。

カイザリヤ

<カイザリヤ>

海岸に沿って延びるローマ時代の導水橋の跡。ヘロデ大王が、カルメル山から水を引くために建設した。

カイザリヤ         カイザリヤ

<カイザリヤ>

地中海を望む円形野外劇場。ヘロデ大王が建てたものであるが、現在は修復されてコンサートなどに使用されている。6月にはここで琴欧州ら佐渡ヶ嶽部屋一行による親善相撲が行われた。後方には火力発電所の煙突がうっすらと見え、2000年の時間差を感じさせる。

アッコー

<アッコー>

十字軍地下の町。オスマントルコ時代の要塞の地下に当たる十字軍時代の遺跡。

アッコー

<アッコー>

ハーヌル・ウムダン(「柱廊の宿」という意味)。18世紀に建てられた隊商宿。

アッコー

<アッコー>

港に残る城壁の跡。湾の対岸はハイファになる。アッコーはレバノンの国境に近い。

ハイファ

<ハイファ>

ハイファ港とカルメル山の中腹にあるバハイー教の寺院。斜面に広がる庭園が美しい。

戻る        次へ        イスラエルTOP